星の花ことば

魂から見ること魂の言葉を紡いでいくこと虹を見つけていくための メッセンジャー橘 更紗のダイアリーです。

ひとりの時間

f:id:sarasa-aquarune:20190207223948j:image

円覚寺でこぶ茶

 

昨日、浄化のためにでかけた温泉の帰り道で 日本カモシカに出会いました。

私たちの車が近づいてくるのを立ち止まったままジッと見つめていました。

その荘厳な存在感に圧倒され、魂が癒されるのを感じました。

 

家族と一緒の時間を過ごしていても、

友人といても、

私はひとりで想像の翼を広げることが何よりも至福です。

ひとりぼっちが好きなわけではないけれど

ひとりが幸せなのは何故だろう…。

 

私はつねに思考は想像の世界を旅しています。

その想像力は私の源です。

今もその時間が私を育んでくれています。

 

想像の世界が基礎の勉強だとしたら

この世でのすべての経験はその実践で

両方を経て はじめて自分を創造するプロセスに入るのでしょう。

 

家族、学校や職場の人と共に居ること、

自分と向き合うひとりの時間をバランス良く持つこと、

共に魂に磨きをかけるためには必要なのかもしれません。

そのバランスは人それぞれ違うもの。

 

寒さの中でも、木々のつぼみが少しずつ膨らんできています。

春が待ち遠しい。

 

 

 

 

チカラを取り戻す

f:id:sarasa-aquarune:20190125214848j:image

 

ある場所で

1月に咲くブーゲンビリアが迎えてくれました。

二十四節気では大寒も過ぎました。

 

私は少し体調を崩してしまい、10日ほどお休みを頂いております。

 

なかなか立ち止まれない私なので

神様が与えて下さった休息と思っています。

身体を浄めるための時間をゆっくり取らせて頂けることに感謝しております

幸いにも身体のメンテナンスは順調のため

日々、子どものようにワクワクした気持ちで過ごしております。

(反省として、もう少し公私共にペース配分を考えていかなくては…と思っております。)

 

植物のメタフィジカルなチカラは人間や動物、あらゆる命に共鳴し

尽きることのない愛と宇宙の根源と繋がることを私たちに思い出させてくれます。

 

ブーゲンビリアのエネルギーは素晴らしい。

このタイミングで出会えたことに、その存在に感謝いたします。

ありがとうございます。

 

 

有り難し

f:id:sarasa-aquarune:20190103215628j:image

2019年

新年明けましておめでとうございます。

 

日々の当たり前は有難いこと。

『有り難し』の言葉は

現在は『ありがとう』の言霊へ。

 

顔を上げて、空を見上げて

大きく背伸びして、深呼吸をして

たくさの光を浴びてみる。

 

今、大きな変化の最中で

大切な節目を生きていると気づくとき

その証と感謝は

自分の人生を引き受ける覚悟となっていきます。

 

昨年度、ご縁を頂きました方に

心より感謝申し上げます。

 

お会いする方の笑顔が

私のチカラになっております。

ありがとうございます。

 

皆さまの1年が光に満ちて行きますよう

心よりお祈り申し上げます。

 

本年も精進して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決心する。

f:id:sarasa-aquarune:20181214211246j:image

 

冬になると朝日を見る機会が多くなります。

 

オレンジ色の太陽は何故か心が落ち着きます。

私達は二つの太陽の光を浴びてエネルギーをチャージしていると…言われています。

 

ひとつは昼間の活動時の太陽、

もう一つは寝ている間、睡眠時、別の時空の太陽です。どちらも、心と身体、魂の滋養のために必要です。

 

この10年ほど

深い眠りにつく回数がめっきり減ってしまい

心と身体のメンテナンスに苦労しておりました。

最近ふと、気づくとそれが緩和されてきているような…。だんだんと長く深い眠りを取り戻しております。

 

いまどうにもならないと思うことが

苦しみを生みます。

ずっと先の事など考えられない…という心の隙間のなさが絶望になります。

私だけが苦しくて、私だけが不幸でという被害者になることをまずやめてみましょう。

誰もが悩み苦しみながらそれぞれのオリジナルな人生をもがきながら歩んでいます。

 

たくさんの経験が私達をつくりあげています。

その苦しみは いつか必ず未来の貴方の役に立つものになっていくでしょう。

今は考えることさえできないとしても…。

 

時に変化は自分が関わる世界との決別を促す場合もあります。未知なる世界に踏み出すのは不安がいっぱいです。けれども、今ここに居ることが貴方を幸せにしていますか?

 

自分を大切にすることは難しいことでないのです。ただ、心を決めるだけで動いて行くものなのです。

 

寒さが厳しくなってきています。

皆さまどうぞお身体にご自愛くださいませ。

そして心静かに2018年の年の瀬をお迎えくださいますように。

 

 

違っていい

f:id:sarasa-aquarune:20181206205120j:image

 

ふと見上げた空に天使の羽

清々しい気持ちでいっぱいになりました。

 

以前、

つらくてつらくて仕方ない日々を送っていた時、

見上げた空にマリアさまがたたずんでいて、

溢れる涙を拭いながら

もう少し続けてみよう…と思ったことがありました。

 

あれから月日は流れて…

 

今、

私は自由に生きていることを心に留めて、

もろもろに感謝して、日々生きています。

 

唯一無二の私の人生を

自分らしく進んでいこうと思います。

優しい時間を過ごす

f:id:sarasa-aquarune:20181127203022j:image

2018年の締めくくりまで

あとひと月

 

忘れ物を取りに戻る作業や

忘れていた過去の思い出か蘇ったり

懐かしい人に再会したり

無くしたと思っていたものが手元に届けられたり

言わずにいたことを結局言わなくてはならない事になったり

プランを作り直したりと

いつにも増して心身ともに

良いも悪いもいろいろと予想外なことで

バタバタした日が続いています。

 

コミュニケーションの星 水星が11/17〜12/7まで逆行しています。

 

完璧でない私たちに

神様が振り返ってやり直すように…と

与えてくれた時間なんでしょう。

 

いつも以上に

意識して丁寧に優しい時間を過ごすことが

その流れの波に上手に乗るコツです。

 

 

 

囚われない心

f:id:sarasa-aquarune:20181109205518j:image

成田山 新勝寺にて

 

頭から離れない思いは、

過去に囚われている証拠

たった今、起きた出来事であっても

それは過ぎた過去であって

既にどうすることもできないのです。

 

自分の思いを否定するのではなく

感じた心を大切に、そして肯定していくこと

それも必ず未来に繋がっていくことでしょう。

 

妬む人、意地悪な人は

自らの人生を歩んでいない不幸せな人であり

因果応報の法則で必ず同じ目に合うのです。

幸せの価値観は心のあり方次第と思うのです。

物質的なことばかりに意識を向けていると

いつまでたっても満たされることはありません。

嫌いな人、苦手な人に自分の大切なエネルギーを向けること、エネルギーを使うことをやめてみましょう。

自分を取り巻く負のエネルギーは

綺麗に取り払って、自分の幸せを願いましょう。

プラスのエネルギーが強まると人を介して感じる負のスパイラルに巻き込まれることはありません。

 

自分の現世での時間は限られています。

囚われている人に時間を割くことなく

日々を大切に生きましょう。

それぞれの自分の正義を生きていきましょう。

熟考して自分が選んだ答えは

誰に言われたからではなく

今の自分にとって一番で最善の道のはずです。

ほんとうの自分の心と繋がることは

囚われから自由になっていくことなのです。