星の花ことば 橘 更紗

魂から見ること魂の言葉を紡いでいくこと虹を見つけていくための メッセンジャー橘 更紗のダイアリーです。

帰属意識

f:id:sarasa-aquarune:20170804180029j:plain


『何処に居ても良い』とずっと知っていました。

けれども、何処か居場所を探しながら今まできたのかも知れません。


それぞれが人生で出会った居場所を受け入れることが次のステージなのでしょう。


それは腑に落とすことであって

諦めることではないのです。


私が貴方に成ることができないように

私を幸せにできるのは私にしかできません。

私が幸せに成ることを、私に許可すれば次のステージに自然に進んでいくものなのでしょう。


今年の夏は日本文化を知るために

写経や写仏を体験してみようかと思いはじめています。



広告を非表示にする

ていねいに生きる

f:id:sarasa-aquarune:20170717222645j:plain

水澤観音 弁天さま

 

ぱっちりと目が覚めてしまった朝

心と身体が満ちている朝

朝日が美しいと思える朝

近くの寺社に参拝させて頂いております

 

光を多く受け取ることは

闇をも深く感じることと

ほんとうに理解したのは経験を重ねてきた今日この頃

 

たくさん笑って

たくさん感動して

たくさん泣いて

生きることを丁寧に楽しんでいます

すべてが宝物になっていきます

 

まだまだ人生半ばのようです

 

 

 

 

広告を非表示にする

深い意識

f:id:sarasa-aquarune:20170708032037j:plain

神宮


意識的に習慣にしていることは

私の深い意識を変えてくれるように思います。

それには試練や痛みも含まれます。

その成長痛は過去の私を手放し、静かな自然な流れを見つめるために必要なのかも知れません。


夏越し大祓を挟んで大きなデトックスをさせていただいております。

ずっと手放せなかった岩塩のようになっていた傷を自ら癒やす時間をいただいているようです。


近くにある幸せを見つめることは 

さらに私を幸せにするものだと実感しております。





広告を非表示にする

水の季節

f:id:sarasa-aquarune:20170623003732j:plain

安曇野


綺麗な水のあるところ魂が落ちつきます。


2017年6月21日夏至も過ぎ水の季節です。

水は人の心を映し出します。

美しくも醜くも全てを転写していきます。

その波紋は様々に影響しあっているようです。


心の敏感さは時に大きな感情の波を起こします。それが、自分の溜め込んだ魂の叫びならば浄化にはなりますが、他人のネガティヴなものを引き受けていることもあるようです。


自分の心を見つめることで

魂の旅はスタートしていきます。

答えは外側にはないようです。



広告を非表示にする

魂に刻む

f:id:sarasa-aquarune:20170607085123j:plain


解決しないことは、考えず悩まないことにしてきました。それでも、意識が悩みに向かうのは人としてあたりまえ…と思います。


悩みに囚われることなく、清々しい気持ちを取り戻すのは、自然な状態に戻ること。

すぅっと伸びた松林の中をサクサクと歩いていたら、気持ちが軽くなってきました。


『悩むことも成長のあかし。』

そんな声が聞こえてきました。

動いていないように見えて、実は動いているのでしょう。


『大切なことは目に見えない。』

物事の表面だけを見るのでなく、深く読みとることを心に落としましょう。

まだまだ、未熟な自分を律しましょう。

改めて魂に刻んで日々を過ごしましょう。


いつか、絡まった糸も解けていくでしょう。

…実は、絡まっているように見えているだけなのかもしれません。

時間が解決することもたくさんあるのも確かです。


広告を非表示にする

浄化の植物

f:id:sarasa-aquarune:20170520211330j:plain

栂池高原水芭蕉


水芭蕉を直接に見たのは初めてかもしれない…。と気がつきました。

知っているつもりだったけれど、近くで見ると小さくても力強い植物と感じました。


ネイチャーガイドの方のサポートで湿原を散策させていただきました。

その中で、水芭蕉は私達人間には強い毒性の植物であることを知りました。

ただ、冬眠から目覚めたクマさんは、この水芭蕉をあえて食して、冬の間の体内の解毒をすると聞きました。


春の植物は山菜をはじめとして、私達の身体の不要なものを洗い流すチカラのあるものが多いのでしょうか。




広告を非表示にする

山の気

f:id:sarasa-aquarune:20170510200213j:image

栂池高原からの朝日

 

連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

人の移動が多く、気温の変動も大きいときは

知らないうちに疲れが溜まっているようです。

 

土用の期間でありましたので人混みを避けながら

リフレッシュのために山の中の湿原を歩いてきました。とても清らかな気持ちになれました。

 

数年前には難しいと思っていた旅が少しづつできるようになってきました。

感謝です。

 

何処に行っても朝日に会えるのも

また、嬉しい限りです。

光を見ることは影をも知ることです。

揃ってひとつだという事を忘れないことは

大切だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする