星の花ことば 橘 更紗

魂から見ること魂の言葉を紡いでいくこと虹を見つけていくための メッセンジャー橘 更紗のダイアリーです。

魂祭

f:id:sarasa-aquarune:20180811183122j:image

 

魂祭(たままつり)

ご先祖の霊魂が私たちに近づいてくる期間

感謝と共に迎える日

 

13日のお迎え火と16日の送り火は境界線

 

11日の新月は自分自身の基と軸を整える日に

おりしも、今日は前橋の花火大会です

迎え火のようでもあり鎮魂でもあり…

とても美しい

 

鏡の弁天池

f:id:sarasa-aquarune:20180807083223j:image

出流原弁天池湧水

 

猛暑が続いています。

涼を求めて弁天様がいらっしゃる

出流原弁天池へ。

弁天様の御眷属は蛇ですが、当日は夕刻を過ぎておりましてので今回は心の中でのみご挨拶をして参りました。

 

暑さが身体にこたえますが

お茶を飲む

食事をする

仕事をする…など

今に意識を集中しています。

自分を含め外側の人や物をジャッジしないことも心がけています。

身体が疲れているとネガティブな感情が湧き上がるのも自然なことと捉えています。気持ちが落ち込むことや、失望することがあったとしても自分の輝きをネガティブな感情で覆ってしまわないように心がけています。

そして人の感情の影響を受けないようにしています。

 

私の思うことが今と未来の現実を創り出していることを忘れないようにしています。

 

一瞬一瞬を意識して大切に

私にとっての課題に取り組んで参ります。

 

 

 

 

暗闇に光を

f:id:sarasa-aquarune:20180720202209j:image

光苔

 

2018年7月豪雨災害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く日常を取り戻すことができますようお祈りさせて頂いております。

 

真っ暗で何も見えない世界での一筋の光は

希望そのもの。

誰もが勇気づけられもの。

その光でありたいと思います。

私もその光に近づいていきたいひとりです。

 

生きて行くために希望は必要です。

 

たくさんの人が、一人でも多くの人が、それぞれの希望を取り戻すことを願っております。

 

猛暑の中、それぞれの役割を行いつつ、限りある命を守ることを優先されてお過ごしくださいますように。私たちは魂の乗り物である身体があってこその命です。

 

今、私たちに出来ることを少しでも行うことは必ず光に近づいていくことと思います。

 

命の輝きをみる

f:id:sarasa-aquarune:20180702175947j:image

松本市美術館

2018年3月3日−7月22日

草間彌生さん展示会『私の愛のすべて』

 

ずっと以前からそこにあったのに

以前は気に止めることもなかったもの。

 

必要な時になると

あらためて再訪することが多くあります。

生きるってそうゆうものなんだろうと

最近、思います。

 

私にとって輝いて観えるものは

命の輝きがあるものなんでしょう。

 

圧倒するような色使い。

エネルギーに満ちています。

涌き出でる愛の表現は光でいっぱいです。

カラフルな水玉がいっぱいです。

 

自分の思う人生を背筋を伸ばして生きて

生き抜きたいと思います。

 

導かれた理由もわかりました。

感動と勇気をありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

信頼する

f:id:sarasa-aquarune:20180628193114j:image

アナベル

 

3年ぶりでしょうか。

信頼する方に思いがけず再会できました。

良い時間を重ねてこられたことが

その輝きから一目でわかりました。

その変化が嬉しくて、

何だか

私の1日が幸せいっぱいになりました。

ありがとうございます。

 

私たちは誰もが

日々、少しづつ変化していることに

気づかないのかも知れません。

過去は顔や表情に現れるようです。

 

過去の積み重ねが今

今からの積み重ねが未来

 

良い時間とは

学びや苦労を避ける事ではなくて

ただ一所懸命に

目の前の出来事や人と向き合うことのようです。

それは

人事を尽くして神さまにお任せと言う事なのかも知れませんね。

 

自分を信じることができると

自然に周りに信頼できる人も増えていきます。

 

未来の自分を信頼して

更に良い時間を積み重ねていこうと思います。

 

 

 

 

 

半分の日

f:id:sarasa-aquarune:20180621185307j:image

エルダーフラワー

 

今日は1年の半分の日、夏至ですね。

早くも半分、過ぎてしまいました。

 

以前は日本のメーカーでエルダーフラワーウォーターを扱っていたのですが最近は見かけません。

 

身体にもこころにも優しい浄化をもたらしてくれる植物、ハーブは素晴らしいなと思います。

 

太陽の恵みと雨の恵みを感じながら

過ごす時間は大切な宝物です。

 

あと半分、

行く道に思いを馳せます。

 

あわてず、ゆっくり、楽しみなら、

歩いて行こうと思います。

 

 

ヒカリをうけとる

f:id:sarasa-aquarune:20180618115142j:image

御神木

 

久しぶりの更新になってしまいました。

 

災害のニュースが毎日続いています。

 

過去の経験から

ライフラインの復旧までに耐えうる備えをしています。

水、火、食料、車の燃料…

 

災害時に出来ることは

感情でなく理性的でいること、

効率良く便利な物は完全でないことを認識すること、

いざという時、命を優先するために直感力を使える自分でいること。

 

自然現象と

どのように共生するのかが問われているのかも知れません。