星の花ことば 橘 更紗

魂から見ること魂の言葉を紡いでいくこと虹を見つけていくための メッセンジャー橘 更紗のダイアリーです。

帰り道に

f:id:sarasa-aquarune:20180928210836j:image

未知の世界を経験する旅を続けています。

以前より旅の荷物は身軽になりました。

 

その旅は、どこに行っても、どんな時も

私でいられることを試されているようです。

それをクリアできるのは

いつでも守られている安心感と

生かされている感謝の思い。

 

それは、たくさんの経験の積み重ねからくるもので…

静かに湧き上がる思いです。

 

 

だんだん秋になっていく日々、

台風をはじめとして、災害が多いです。

どうか、皆さまお気をつけてお過ごしください。

 

現実を生きる

f:id:sarasa-aquarune:20180925205832j:image

 

今日は中秋の名月牡羊座で満月ですね。

 

苦しい時は何かが鍛えられている…。

未来は変えられても、過去は変えられないものです。

 

今を一生懸命に生きることは、自分自身の未来に対しての種まきだと思っています。それは未来の自分への贈り物です。

 

静かに地味に(笑

私にとって、今出来ることに向き合っています。

 

 

いのちの歌

 

春なのに~想歌

春なのに~想歌

 

 

10年来の想いがかない ソプラニスタ岡本智高さんのコンサートへ。

 

魂をこめての生歌は ほんとうに素晴らしい。

お人柄と生き方、世界に3人と言われる男性ソプラノの歌声、そしてご守護霊のサポート、

大好きなアーティストです。

アンコールの『アヴェマリアカッチーニ』は想いが通じたようです。

 

歌は苦しいときに心の支えになり、勇気をいただけます。過去の涙の日々は心のアルバムにきちんと残っていて、聴きながら涙があふれます。けれども、今その涙は乗り越えたこその喜びの涙です。

 

魂に生きる勇気とパワーをいただきました。

ありがとうございます。

 

タイミング

f:id:sarasa-aquarune:20180823103600j:image

軽井沢 レストランこどう

 

先日、『タイミングは今だよ!』と

私にとってのサインが3回ほどありました。

 

翌日、私の止まっていた時計のひとつを動かすタイミングと思い実行いたしました。

 

私たちはカレンダーや時間で生活をしていますが自然界の動植物、気候、天体などはエネルギーのバランスで成り立っています。

 

ひとつのプロセスが終わる最後の仕上げは良心を持って取り組みたいと思います。

 

8月下旬でも暑さは続いておりますが自宅近くの赤とんぼは秋の気配…。

移りゆく季節は自然の流れですね。

 

 

魂祭

f:id:sarasa-aquarune:20180811183122j:image

 

魂祭(たままつり)

ご先祖の霊魂が私たちに近づいてくる期間

感謝と共に迎える日

 

13日のお迎え火と16日の送り火は境界線

 

11日の新月は自分自身の基と軸を整える日に

おりしも、今日は前橋の花火大会です

迎え火のようでもあり鎮魂でもあり…

とても美しい

 

鏡の弁天池

f:id:sarasa-aquarune:20180807083223j:image

出流原弁天池湧水

 

猛暑が続いています。

涼を求めて弁天様がいらっしゃる

出流原弁天池へ。

弁天様の御眷属は蛇ですが、当日は夕刻を過ぎておりましたので今回は心の中でのみご挨拶をして参りました。

 

暑さが身体にこたえますが

お茶を飲む

食事をする

仕事をする…など

今に意識を集中しています。

自分を含め外側の人や物をジャッジしないことも心がけています。

身体が疲れているとネガティブな感情が湧き上がるのも自然なことと捉えています。気持ちが落ち込むことや、失望することがあったとしても自分の輝きをネガティブな感情で覆ってしまわないように心がけています。

そして人の感情の影響を受けないようにしています。

 

私の思うことが今と未来の現実を創り出していることを忘れないようにしています。

 

一瞬一瞬を意識して大切に

私にとっての課題に取り組んで参ります。

 

 

 

 

暗闇に光を

f:id:sarasa-aquarune:20180720202209j:image

光苔

 

2018年7月豪雨災害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く日常を取り戻すことができますようお祈りさせて頂いております。

 

真っ暗で何も見えない世界での一筋の光は

希望そのもの。

誰もが勇気づけられもの。

その光でありたいと思います。

私もその光に近づいていきたいひとりです。

 

生きて行くために希望は必要です。

 

たくさんの人が、一人でも多くの人が、それぞれの希望を取り戻すことを願っております。

 

猛暑の中、それぞれの役割を行いつつ、限りある命を守ることを優先されてお過ごしくださいますように。私たちは魂の乗り物である身体があってこその命です。

 

今、私たちに出来ることを少しでも行うことは必ず光に近づいていくことと思います。