星の花ことば 橘 更紗

魂から見ること魂の言葉を紡いでいくこと虹を見つけていくための メッセンジャー橘 更紗のダイアリーです。

静かな時間

日曜日 時間をずらしたランチのためなのでしょうか 誰もいなくなったお気に入りの場所で 静かな時間を楽しみます 良くある事なのですが 雑踏の中で今まで沢山の人で溢れていた場所に ふと…誰も居なくなる時があります ショッピングで、カフェで、神社で、温…

水神さま

駒ヶ根高原 養命酒製造工場にて 秋のある日 数年前から気になっていた養命酒の工場を訪れました 養命酒の原料のための 良いお水があるんだろうなぁ…と 水源の神さまをお祀りされているようです (きちんと龍神さまもいらっしゃいました) 創業者の志を継承して…

〜輪廻 リンネ〜

上田 前山寺 にて私の中で漠然としていた輪廻という『生まれ変わり』の実感を得る難しさ多くの人は過去世を忘れてくるといいますそれは 神さまとギフトだと感情があるからこそ数学のように簡単に理解するための答えが出ないのです私はなぜ生まれ何をして生き…

声が聴こえる

5年前長い時間離れていた魂が身体に収まり眠りから覚めかけた時 『あー。太陽が出ているね。青空を見ると気持ちがいいね。元気になるよ。』と年配の男性の清々しい声が聴こえてきました。その言葉を聴いて『私は生きている…戻って来れた…』と実感した時でも…

水源の神 貴船

思いがけず頂いた京都 貴船神社に行かれた方からの賜り物清らかな水で作られている石鹸と水源(みなもと)の神の思いが込められたお清めの塩龍神さまの大いなるエネルギーに満ちています。貴船神社の御祭神は伊邪那岐命の御子神タカオカミノカミさま次回、京都…

近づいても離れてる

諏訪大社上社本宮近づきすぎると見えなくなる離れていると見過ごしてしまう距離は真実に気づくために大切なもの離れていても好きでも嫌いでも繋がるのが 縁 どんな思いも言葉にしなくても伝わるのは 愛距離感は人によって違うものでそして、違っていいもので…

希望の種

美しい空に出会いました未知なる感覚は考えることではなくて感じることからふと降りてきます瞑想をはじめたころは炭酸の泡のように過去の思い出がプクプクと出てきます良いことも悪いことも同じ泡として出してあげること炭酸の泡が果てしなく出続けるような…

闇に光を当てる

この数ヶ月内省を促される出来事によって気づいてしまった自らのほんとうの気持ち。ほんとうのことは誰にもわからないように深く沈めて隠してきたけれど気づいてしまった時から光は当たり始め、その光は太く強くなっているようです。行くべきところにたどり…

宇宙の日

9月12日は日本人(毛利衛さん)がはじめて宇宙に行った日を記念しているそうです。少しの晴れ間を探していつもなら通り過ぎてしまうところで足を止めてみました。標高2300mの横手山ヒュッテ美味しいふわふわのパンを頂きながら、頂上の清々しい気を感じてきま…

雨ニモマケズ

私の住んでいるこの辺りは空が大きく広がり太陽の光と赤城山の稜線と雲の動きがよく見えますとても美しい処です天候不順が続いています皆さまいかがお過ごしでしょうか雨が多いこの夏は宮沢賢治の【雨ニモマケズ】の詩を思い出します日々の幸せを大切にしよ…

帰属意識

『何処に居ても良い』とずっと知っていました。けれども、何処か居場所を探しながら今まできたのかも知れません。それぞれが人生で出会った居場所を受け入れることが次のステージなのでしょう。それは腑に落とすことであって諦めることではないのです。私が…

ていねいに生きる

水澤観音 弁天さま ぱっちりと目が覚めてしまった朝 心と身体が満ちている朝 朝日が美しいと思える朝 近くの寺社に参拝させて頂いております 光を多く受け取ることは 闇をも深く感じることと ほんとうに理解したのは経験を重ねてきた今日この頃 たくさん笑っ…

深い意識

神宮意識的に習慣にしていることは私の深い意識を変えてくれるように思います。それには試練や痛みも含まれます。その成長痛は過去の私を手放し、静かな自然な流れを見つめるために必要なのかも知れません。夏越し大祓を挟んで大きなデトックスをさせていた…

水の季節

安曇野綺麗な水のあるところ魂が落ちつきます。2017年6月21日夏至も過ぎ水の季節です。水は人の心を映し出します。美しくも醜くも全てを転写していきます。その波紋は様々に影響しあっているようです。心の敏感さは時に大きな感情の波を起こします。それが、…

魂に刻む

解決しないことは、考えず悩まないことにしてきました。それでも、意識が悩みに向かうのは人としてあたりまえ…と思います。悩みに囚われることなく、清々しい気持ちを取り戻すのは、自然な状態に戻ること。すぅっと伸びた松林の中をサクサクと歩いていたら、…

浄化の植物

栂池高原の水芭蕉水芭蕉を直接に見たのは初めてかもしれない…。と気がつきました。知っているつもりだったけれど、近くで見ると小さくても力強い植物と感じました。ネイチャーガイドの方のサポートで湿原を散策させていただきました。その中で、水芭蕉は私達…

山の気

栂池高原からの朝日 連休はいかがお過ごしでしたでしょうか? 人の移動が多く、気温の変動も大きいときは 知らないうちに疲れが溜まっているようです。 土用の期間でありましたので人混みを避けながら リフレッシュのために山の中の湿原を歩いてきました。と…

輪王寺 日光

奈良時代から続く輪王寺大護摩堂にて夫の誕生日を前に護摩焚きをお願いしました。変わり目にある夫へのプレゼントです。同席しました私もとてもスッキリ‼︎咳と涙と身体から出るものを自然と出すことができて、ありがたい限りです。お堂に向かう際、お庭には…

涙が溢れてしまう

微力ながらミディアムとしてメッセンジャーとして魂の声をお伝えさせていただいております。天国に逝かれた大切な方はいつも、どんな時も傍にいて私たちを見守り続け、苦しく険しい道を行くとき、時にそっと手を差し伸べてくださいます。その大きな愛に圧倒…

私が私になっていく

特別なイベントや旅行がなくても季節の食材を簡単な料理で頂ける毎日に喜びを感じます。日々をリズムカルに過ごすことに幸せを感じるのも春という息吹のおかげでしょうか。新緑がキラキラして美しい季節です。『.....で、なくてはいけない!』を辞めてみると…

縁を切らない

季節やライフステージも変わり彩り溢れる季節になりました。さまざまな変わり目に大切なことは変化に追いつこうとするのではなく自分の心を整えること。変化は周りからではなく自分の中から起こります。目の前のことに忍耐を持って取り組む姿勢と覚悟が自分…

マグノリアの花が咲く

我が家の目の前の神社の桜も満開です。それと時期を同じくして、マグノリア(木蓮)の花も咲き始めました。沢山の木蓮の色の中で、こんなに優雅な白はあるのだろうかと 見とれてしまう美しさです。命の美しさ尊さを自然界に沢山見ることができる季節です。私事…

今日も、あしたも、あさっても。

大きな病気をしてから お世話になっている病院に定期検診に行ってきました。以前は病院に行くのが苦手だったのですが今は安心をもらいに行っています。私にとって自分の身体のメンテナンスも大切なテーマです。今日も、明日も、あさっても、当たり前でない…

大切なもの

浅草寺開かれた祈りの場所は笑顔でいっぱいです。見えること、聞こえること、存在していることに こだわりすぎると、ほんとうに大切なものが見えなくなってしまうのかも知れません。私たちはそれぞれ、今必要な経験をするために必要なものが見えて、聞こえて…

幸せの花束を添えて

寒さの中で光が強くなり、春を感じるこの頃です。春は旅立ちの季節です。旅立ちの餞けに、幸せの花束を添えてみてはいかがでしょう。旅立つ人に、幸せを思う花束を添えてみてはいかがでしょう。思いを自分のためだけに使うのでなく、大切な人の幸せを願うこ…

見えないものを信じる

榛名神社 双龍門雪が残る榛名神社の境内で清々しい気にふれてきました。悩みが抑え切れない時悩んでも解決しない事は時に任せてみる努力をしています。何かが変わることは、悪くなるように見えて、ほんとうは素晴らしい未来への布石であることを信じています…

混沌とした中で

自分だけが取り残されたような感覚押し寄せてくる不安それらに負けない心になって行くためにはつよい精神力が必要です。誰でも急にはつよくなりません。くじけそうな時ほど上を見上げて、深い呼吸をして笑顔で朝をスタートすること。淡々と続けていくうちに…

四至神 (みやのめぐりのかみ)

伊勢内宮 四至神四至神さまとは神宮のご神域を守る神さまとのこと。自然に溶け込む優しい佇まいは光に溢れています。2017年も立春も過ぎ本格的にスタートしました。【気】が動き始めるのは、3月春分の日あたりからと毎年思うのです。たいてい、強い風が吹き…

気を整える

軽井沢聖パウロ教会寒さ厳しい時は暖かな部屋で身体を温めてホッコリ過ごす時間が何より至福です。外のお仕事を生業にしている方をお見かけすると、お疲れさまと思います。この冬、冷え防止対策を念入りにしましたらとても心が軽やかで快適に過ごせておりま…

音のない世界

自宅周辺は白い世界2017年1月 冬本番です。子どもの頃は、歩いて行けるところが自分の世界でした。雨や雪降りの時は場所の移動が大変でした。大人になって、車で移動する事が多くなっても、やはり雪が降ると日常はスムーズにいかなくなります。自然と向き合…