星の花ことば 橘 更紗

魂から見ること魂の言葉を紡いでいくこと虹を見つけていくための メッセンジャー橘 更紗のダイアリーです。

声が聴こえる

f:id:sarasa-aquarune:20171021231814j:plain


5年前

長い時間離れていた魂が身体に収まり眠りから覚めかけた時 


『あー。太陽が出ているね。青空を見ると気持ちがいいね。元気になるよ。』と

年配の男性の清々しい声が聴こえてきました。


その言葉を聴いて

『私は生きている…戻って来れた…』と

実感した時でもありました。


集中治療室にいた私は

回復したらその男性にお礼を言うつもりでした。

『その節はありがとうございました。とても生きる勇気をもらいました。』と


けれども

完全に意識が戻った時には、その部屋でお目にかかることもなく

もうすぐ5年になります。


何気なく発した言葉が

誰かのためになっていることがあります。

その言葉には魂が込められているからなのでしょう。


魂から生きることは

自分の中から湧き上がる声を聴き

愛を表現することなのでしょう。


そして

それは自然と誰かの役に立っているものなのだと思うのです。


ふと聴こえてくる誰かのつぶやきは

愛のあるメッセージかもしれませんね。


今日も生かして頂いて

ありがとうございございます。